スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断章Ⅴ

山を描くとしよう



雲が流れているから



見上げた時と



キャンバスに筆を置いた時では



位置が違っている





次の日に色を塗ろうか



昨日は雲っていたけど



今日は晴れている



重ねる色が違っている





ここで画家は戸惑うか?




にび色の上に群青を置くか



そのまま昨日の色を思い起こし



更に灰色を置くか






ギャラリーに掛けられた



1枚の絵を見た時に



積み重なった時間を観ることが



出来得るのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 切り取られた心象

想像によって創造し、視覚で四角に閉じ込める。
絵の具で作られたミルクレープですね。
積み重ねた時間を観ることができたとしても
作者の目に映る風景とは違うのかもしれません。
だからこそ面白いと思うのです。

2. なぼりたんは なぽりたん


作品は 作家がみた刹那

それをみて 他人の目でみた刹那を共有する

そして 刹那を表現するために

積み重ねた時間を想像する 


ケチャップ味のなぽりたんは

なぽりたん以外の何物でもない

ノンジャンルのソウルフード

卵がつけば もっとうれしい


とりあえず にょっきでも食べながら

絵を鑑賞するわ

もちろん ワインと

素敵な会話も一緒にね♪

3. 無題

私が、作家なら何重にも重ねた色の事は、絶対に教えないだろう。

重ねながら、自分との葛藤までもそこに練りこんだはずだから。

それを知る必要もないだろうし。目の前にあるものが、すべてなのだから。

4. 切り取られた心象は潔く

>茨木童子さん

断面と


俯瞰


そして


しんしょうは



ここんていが名人だね

5. :なぼりたんは なぽりたん まじか?

>blackcatさん

なぽりたん

ひとくちすすり

空を見る


共有と言う名のひと皿に

卵が乗ってるともっとうれしいね


画集にけちゃっぷ垂らさぬよう気をつけて

6. 練りこんだ生地は何色だ?

>それから、ひめこさん

私は

出されたお皿は残さず食べる

時にはお皿まで


おかげで

歯がぼろぼろ


でも目の前にあるものが全てだから
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。